箱庭文学

圧倒的駄文! 何気ない日常のこと、お仕事のこと、思い出話、与太話、妄想・空想など。

【Q&A】もう変えられないはずの過去と、まだ訪れてもいない未来と、稲葉浩志と

クエッションアンサー

私のLINE@の読者さんから質問をいただきました!

この記事では、「いただいた質問」と「それに対する私の回答」を載せています。

※質問をしてくださった読者さんには、事前に掲載の許可をいただいてます。

 

 

Question

<質問者Yさん>

こんばんは!

ブログ記事読ませて頂きました!

言葉選びや比喩の仕方がとっても面白くて、その情景が目に浮かぶようでした!

自分も尊敬する理想の人に近づけるように努力して、いつか誰かの理想のひとになりたいと感じました。


自分は接客業をしているのですが、先日お客様とお話ししていて『過去と未来』についての話題になりました。

未来は『過去の出来事の積み重ねから出来るモノ』
未来は『過去とは関係なくその瞬間ごとに出来るモノ』


イオリゆきさんの客観的な新しいご意見をお聞きしたいです。




Answer

私の意見が新しいものかどうかはわからないですけど、「時間軸」に関して思うことをつらつらと書かせていただきますね。


質問文の中で、「未来は『過去の出来事の積み重ねから出来るモノ』」と「未来は『過去とは関係なくその瞬間ごとに出来るモノ』」という2つの見解が示されています。

私が思う未来像というは、このどちらも否定しません。つまり未来とは、両方の見解を併せ持っているものである、と私は考えます。


たとえば、晴れて弁護士になれた人がいるとします。よっぽどの天才は別にして、多くの人は難関として知られる司法試験に合格するために、膨大な時間を法律の勉強に費やします。

つまりこれは、「ものすごく勉強した」という過去によって「弁護士になる」という未来を手繰り寄せていると解せます。これは、過去の積み重ねが未来を作っていると言えますよね。


片や、たとえばスマホスマホはさまざまな産業のあり方や仕事のスタイルを変えました。スマホ誕生以前では考えられなかったようなことが、スマホの誕生によってできるようになりました。青天の霹靂のようなスマホの登場によって、さまざまな仕事の未来像は、良いか悪いかは別にして意図せず書き換えられました。

ユーチューブでも同じことが言えます。今現在ユーチューバーとして活躍している方は、「ユーチューブ」というプラットフォームがあるからユーチューバーであれるわけで、もし今の世界にユーチューブがなければ、彼ら・彼女らは「ユーチューバーではない何か」になっているはずです。ユーチューブの誕生が、多くの人の未来を変えたと言えるでしょう。

私たち人間は、社会との関わり合いなくして生きていけません。そしてその社会は、一個人のコントロールを離れ、常に変わろうとしています。

急に現れたユーチューブやスマホが多くの人の未来を変えたように、「来年登場する何か」が私の未来を変えることを、私は否定できません。


上述の弁護士の例、スマホ&ユーチューブの例から、「未来というものは過去の積み重ねによって作られているが、それはいつだって変わろうとしている」と私は考えます。



せっかくここまで書いたので、もう少しだけ時間軸についての私見を書かせていただきますね。

過去・現在・未来という3つのフェーズを考えるとき、私の中で最重要なのは現在。

その理由は、「人はどんなに頑張っても『今』しか生きられず、そして今の気持ちひとつで過去の捉え方、未来の捉え方を変えることができるため」です。

たとえば、社会的な成功をおさめた社長さんが、インタビューなんかで過去の苦労話を語ってる場面ってよくありますよね。

これって、成功してるから昔の苦労話が美談になってますが、仮に成功してなかったら、昔の苦労話はやっぱり苦労話のままなんですよね。

つまり、成功したという今=幸せがあるから、過去の大変だったことをポジティブに捉えられているというわけ。


未来の捉え方も同じです。

未来ってまだ訪れていないし起こっていないので、未来がどうなるかなんてわからない部分が多い。

でも今が最高に幸せ、たとえば付き合い始めのカップルなんかは、まだ訪れていない未来を明るく楽しくハッピーなものと強く信じられるでしょう。

逆に今が不幸のどん底なら、これから訪れる未来にはよろしくないイメージしか抱けないでしょう。


もう変えられないはずの過去の捉え方も、まだ訪れてもいない未来の捉え方も、現在の心の持ちようひとつで変えていける。

だからこそ、人は今の自分を幸せにすること、今の自分を満たすことに最善を尽くすべきだ、と私は考えています。


余談になりますが、この「今をもっとも大切にする」という考え方は、B'zの稲葉さんの影響を多分に受けています。

たとえば、稲葉さんはファンクラブの会報誌の中で、「いつだって今が最高ヨ」という言葉を残しています。

たとえば、B'zの『白い火花』という曲の中では、「過去も未来も理想はたったひとつじゃない 錆びない風景は目の前にある」と唄っています。

たとえば、『有頂天』という曲の中では、「痩せっぽっちの体いっぱいに今だけを満たしたい」と唄います。

たとえば、有名な『ultra soul』の中でも、「結末ばかりに気を取られ この瞬間を楽しめない」と唄っています。

過去も未来も一旦置いて、とりあえず目の前にある今と向かい合う。この瞬間=今を楽しむことに意識を向ける。思考の全てを、「今だけ」で満たしきる。これらの考えの素地には、「いつだって今が最高ヨ」という想いがあるのだと、私は勝手に解釈しています。

そんな稲葉さんが、そんな稲葉さんだから、私は大好きなんですよね。稲葉さん、ただ歌が上手くて外見がいいだけやないんですよwww



おっと、最後はなんか稲葉さんへのラブレターみたいになっちゃいましたが(笑)、私の時間軸に関する考えはこんな感じです。

何か少しでも参考になったり、気づきにつながるようなところがあれば幸いです。ご質問ありがとうございました!



よろしかったらフォローお願いします!

ツイッターめっちゃやってます♪♪



★LINEもやってます! 限定記事など配信してます♪♪
友だち追加


はてなの読者登録はこちらからどうぞ♪♪



★当ブログのおすすめ記事はこちら♪♪
「箱庭文学」のおすすめ記事を10個ピックアップ!