箱庭文学

圧倒的駄文! 何気ない日常のこと、お仕事のこと、思い出話、与太話、妄想・空想など。

とどかなくてもいいけど、どうかとどきますように

「夜の片隅から、季節は巡っていく」と、大好きな詩人が言っていた。

すべてが一気に春へと移ろうわけではなく、移り変わっていくのはあくまで片隅から。

だから、その過程では、「誰かにとっての『もう春だ』」は「誰かにとっての『まだ冬だ』」でもある。

そんな季節を分かつ曖昧な境界を、「夜の片隅から」で見事言い得てしまう、その清々しさに心奪われたのは、確か、高校1年の夏だっただろうか。


*******


HINOTORI大阪

夜の片隅に春の香りが回るのを感じながら、コアントローを呑む夜があった。

アルコールでふわふわになった頭は自らを絆すものを体よく見失い、何遍かの気移りを経て、「B’z」に行き到る。



長年B'zの活動を支えてきたサポートメンバー全員が、本人たちの意志に反してB'zから離れることが発表されたのは、今から2か月ほど前のこと。

件の出来事に関しては、当時様々な側面から語られた。


私を含めた多くのファンの邪推はくだらないしいらない。俗的とされる言葉で片付けられていくネットニュースは「索漠たる何か」でしかなかった。

そういうものたちに惑わされるのはやめにして、当事者である「彼ら」の言葉をすべてと思おう、と決めた。

そう思ったから、心ならずも複雑な心持ちになりはしたけれど、でもそう思えたから、シェーンの、本懐を織り込んだ理知的で慈愛と思慮に富む言葉に、決して小さくはない意味を感じることもできた。



これから書くことが、「届けばいいな」と望みを向けたその人に、本当に届いたらとても嬉しい。

でも、もし仮に届かなくても、それはそれでいいと思っている自分もいる。


「届くか否か」は極めて重要な分水嶺だけれど、それと変わらないくらい、「届くかもしれない」という希望的観測を傍らに置いて日常を送ることも、私自身にとっては大切なことなのだろう。

これから書く言葉は、「特定のあなた」に向けた言葉であると同時に、もしかしたら私が私のために書いている言葉なのかもしれない。


『HINOTORI』のツアー映像を観て、やはり心が揺れた。気持ちの収拾はまだ遠く、わだかまりが強く心を圧す。それでも時は流れ、季節は夜の片隅から巡っていき、やがて「あなた」のいないLIVE-GYMの幕が開く。

粛々と日々を生きる。

その傍らに、徒花でも構わないので、「可能性の花」を手向けたい。

とどかなくてもいいけど、どうかとどきますように。


*******


HINOTORI広島

Dear Shane,



I am writing this while watching a video of your last tour.

As expected, your performance is the best! Each sound filled my heart with intense emotions, making me remember yesterday.

To think that you and the sounds you play won't be in the band anymore leaves me with a very lonely feeling.



A lot of us fans were very surprised when we found out that you left the band against your will.

Confused, bad rumors and distrust were born. At that time, when you posted those intelligent and thoughtful words via SNS, you saved many hearts, including mine.

I was not involved in the incident, so I don't really know the truth behind the matter. What you said in your SNS profile may not be the whole truth either. Nevertheless, your words gave me the reason to continue loving the band.

People believe in what they want to believe. I believe in the kind world that you gave me and will continue to root for the band the same as always.


広島ライブスタバ

During last year's Hiroshima Live, I met a woman I knew over SNS for the first time.

It was surprising that we were able to get along just because we loved the same band.

We talked about all sorts of things for several hours at the Starbucks branch at the end of the shopping district. Of course, we also talked about you. We had a very great and happy time talking about so many things like how you were so amazing when you played that song that year.

It'll feel very lonely now that you're leaving the band. However, our time with you also left us countless joys. Joys which could blast away all that loneliness. I am so happy that I got to know about you!



The drumming I listened to the most in my life has always been yours.

That's a matter of course for me but when I think about it, I find it very amazing and wonderful.

The environment where we get to hear your music may change from now on but please let me continue being a big fan of your music just like always♡



With love,

From Yuki



よろしかったらフォローお願いします!

ツイッターめっちゃやってます♪♪



★LINEもやってます! 限定記事など配信してます♪♪
友だち追加


はてなの読者登録はこちらからどうぞ♪♪



★当ブログのおすすめ記事はこちら♪♪
「箱庭文学」のおすすめ記事を10個ピックアップ!