箱庭文学

圧倒的駄文! 何気ない日常のこと、お仕事のこと、思い出話、与太話、妄想・空想など。

餃子の餡にチーズ入れるの思いついた時点で、もう大阪王将の勝ちよ

クリスマスツリー2018

ちょっと前にやってた、川口春奈ちゃん出演のヤクルトのテレビCMがすごく好きだったんですよね。

コンビニに行く同僚に四角っぽいヤクルト買ってきてってお願いするCM。あれ、超良くなかったですか?

「あ、先輩、コンビニ行くんですか?じゃああの、四角っぽいヤクルト買ってきてくださいよ。(両手で四角を作りながら)こういうの。なるはやでお願いしますね。どーせ会社来てもおつかいくらいでしか役に立てないんですから。え?お金?なに言ってんすか。お金なら先輩のお財布にちゃんと入ってるじゃないですかwてか先輩、お財布だけは立派なんですね?www」

って、川口春奈ちゃんにパシらされたい。パシらされてしまいたい。春奈ちゃんのために走りたい。豊玉のラン&ガン並みに走りたい…っ!!!



あ、すみません。つい熱が入っちゃってましたね。

いや違うんです。今日は私のドM気質のことじゃなくて、「もうひとりの自分」っていうスピリチュアル系の真面目な話がしたいんですよ。

あの、私もう30年以上生きてきまして、生まれてこのかた一度も千年パズルを組み上げたことなんてないんですけど、どういうわけか最近自分の心の迷宮に「もうひとりの私」が存在することに気づいちゃったんですよね。

で、その「もうひとりの私」が、不意にこんなことを私に言ってきたんです。


ふ…ふざけやがって、どいつもこいつも…!!

クリスマスっていう、たかがキリストの誕生日を、カップルで目一杯エンジョイしやがって…!!

アタマにくるぜ…!! なあカカロット…。




大阪王将1

まあその、「もうひとりの私」っつうか、完璧ベジータなんですけどね、心に居座ってんの。もう、カプセルコーポレーションか!ってぐらい、ベジータ羽伸ばしてんですけどね、心の中で。

まあでも、ベジータの言うことも一理あるなって思うわけですよ、器の私は。

長い間…それこそ優しい校長先生なら体育座りさせるくらい長い間私に恋人がいないからってわけじゃないんですけど、それにしても皆さん浮かれすぎてやしませんか?って話ですよ。

なんですか、全員揃いも揃って、君が欲しがったイスを抱えて電車に乗り込む勢いなんですか? クリスマスに街を歩けばカップカップカップル。手を繋いでイルミネーション見ながら楽し気にお喋りして。もうね、キャンドルも十字架も無作為に愛与えすぎ。堕天使、恋に遊びすぎ!


クリスマスにそういう幸せそうなカップル見てると思うわけですよ。

お前たちをロウ人形にしてやろうか!!!って。

まあでも、ロウ人形にするのは現実的じゃないんで、金融ド素人の私がお前たちのファイナンシャルをプランニングしてやろうか!!!ってね。



幸せそうなカップルの後ろ姿見ながら、こうも思ったね。

ああ~、これがかの有名な「蹴りたい背中」かぁ~って。

クリスマスに私が抱いたこの感情を、わずか19歳で小説にしたっつうんだから、そりゃ綿矢りさ先生、芥川賞のひとつも獲るわね。



大阪王将2

去る平成最後のクリスマスイブ、私は、っつうと、綿矢りさ先生の才覚に同じく感銘を受けてる友達と、大阪王将で餃子食べてました。

イブに、ギョパを、王将で。今思えば、この、「田中・マルクス闘莉王」並みの語感の良さが、私たちを王将へと走らせたのかもしれません。


店内入ってびっくりしたのが、まあ行ったのが早い時間ていうのもあったけど、それにしても私たちのほかにお客さんがいないこと。

周り見渡しても、後ろ振り返っても、「あの臆病な石田さんが…」って口をついて出そうになる勢いで誰もいない。ざわ…ざわ…。

いやもう、大阪のみんな、おはスタのレイモンド並みにどこいったの?って感じ。ネテロ会長は音を置き去りにしてたけど、クリスマスは私たちを置き去りにしたよね、頼んでもねえのに。32歳にして、やっとセルゲームんときのチャオズの気持ち、理解できた。

大阪王将3

ところで、みなさん大阪王将行ったらなに食べます?

ここで私からのひと口メモやねんけど、大阪王将行って、たんに餃子と白ご飯のセット注文するの、いまどき超ダサいよ?w 知ってた?

今はね~、餃子に牛カルビ炒め合わすのがトレンドだ!って、みちょぱが言ってた気がしないでもないもん♪♪ 牛カルビ炒め、いい波のってんね~♡


羽根つきチーズ餃子

大阪王将つながりで、最後にこれだけ言わせてください。

冷凍食品の「大阪王将 羽根つきチーズ餃子」はマジ神です。初めて食べたとき、ホント驚いた。家にめっちゃストックしてます!

もうね、餃子の餡にチーズ入れるの思いついた時点で、大阪王将の勝ちよ! 他の追随を許さない勢いでの大圧勝! 小森純も心置きなく自信もってステマできるレベルのおいしさ!!!



しかし、羽根つきチーズ餃子が小森純によってステマされることはなかった。

私の味覚を喜ばすことに全てを出し尽くした大阪王将は、

続く3回戦愛和学院に、ウソのようにボロ負けした…。



よろしかったらフォローお願いします!

ツイッターめっちゃやってます♪♪



★LINEもやってます! 限定記事など配信してます♪♪
友だち追加


はてなの読者登録はこちらからどうぞ♪♪



★当ブログのおすすめ記事はこちら♪♪
「箱庭文学」のおすすめ記事を10個ピックアップ!